看護師のキャリアを上げるスキルアップについて

看護師としてキャリアを積んでいく中で、スキルアップにつながる資格を取得する人は大勢います。そのうちキャリアアップに直接つながる資格として、まず認定看護師があります。これは公益社団法人日本看護協会が主催しているもので、特定の看護分野について熟練した技術・知識を有し、高水準の看護行為を行えることが保証される資格です。指定されている分野は、救急看護や集中ケア、緩和ケア、訪問看護など全21種類あり、自身の専門に応じて選ぶことができます。認定看護師の資格を取得するためには、現場での実務経験が5年以上あり、うち3年間は認定分野での経験があること基本条件です。条件を満たしていれば、指定された教育機関に入学し、研修を受け認定審査に合格すると資格取得に至ります。

また、専門看護師という資格もあり、同じく日本看護協会が主催しており人気を博しています。この資格は、複雑で解決困難な看護問題を持つ患者に対して質の高いケアを行えることが保証されるもので、対象分野は全11種類です。取得の条件として、5年間の実務経験とそのうち3年の認定分野での経験に加え、看護系大学院を修了して所定の単位を取得していることが必須になります。

これらの他にも、保健師や助産師など、看護分野でのスキルアップとキャリアの向上につながる資格が多くあります。モチベーションアップや医師・患者とのコミュニケーション、周りからの評価など、様々な部分に好影響を与えるものであるため、自身の専門分野と関連している資格にチャレンジしてみることをおすすめします。また、スキルアップをするためには、資格取得以外にも、院内や院外で行われる研修への参加も有効です。看護師として成長をしたいのであれば、積極的に研修等にも参加しましょう。