様々なことが学べる院内外の研修について

看護師として働いている方は、更にステップアップを目指してスキルに磨きを掛けると、仕事がもっと楽しくなります。知識が増えればより患者に適切な処置をすることができたり、丁寧なメンタルケアができるといった利点があるからです。中でも院内外の研修によるスキルアップは、今日学んだことを明日すぐ活かせるというメリットがあります。

院内外で行われる研修は、特定の部分にテーマを絞って学べるものが多く、苦手分野の強化もできます。「心電図が読めない」「医療用語がよく分からない」など、新人看護師が行くと、とても勉強になります。新人だからと言って遠慮せず、早く一人前になるためにも積極的に参加しましょう。また、ベテランの方も研修では、参考書では学べない掘り下げた知識を学べます。自分の得意分野の知識を深めることができるのでおすすめです。

研修を受ける際は、ぼんやりと講義を聞くだけでなく、自分から積極的に質問をして、しっかりと納得するまで聞くようにすると頭に残りやすくなります。研修には、大人数で行うものと少人数で行うものがありますが、自分のペースでゆっくりと進めて行きたいという方は、少人数制の研修が良いでしょう。フィジカルアセスメント、薬物療法など、研修テーマは細かく分かれていることが多いので、得意分野を伸ばすのも良いですし、苦手を克服してより幅広い看護を目指すのも良いでしょう。自分の目的に合わせて講師の方や題名をよく吟味して参加したい研修選ぶと、無理なくスキルアップが図れますよ。